【知恵袋でも話題】18歳での自動車保険の相場はいくら?月々の保険料と安くするおすすめの方法

「18歳での自動車保険の相場はいくら?」

「月々の保険料と安くするおすすめの方法はある?」

18歳での自動車保険の相場を調べている方に!18歳での自動車保険の相場と安くするおすすめの方法を詳しく解説していきます!

【結論】18歳での自動車保険の相場はいくら?

18歳での自動車保険の相場はいくらなのかどうか?

結論からいうと、18歳での自動車保険の相場は、複数の要因によって異なりますが、一般的には比較的高額になります。

これは、18歳の運転者が事故率が高いと見なされるためです。自動車保険の料金は車の種類、年間走行距離、運転者の年齢、運転者の範囲(例:本人限定、家族限定)、事故歴、契約の補償内容などによって変動します。

軽自動車の場合、年間保険料はおよそ12万円から13万円(車両保険なし)、28万円から31万円(車両保険あり)です。月額では1万円から2.6万円程度になります。普通自動車の場合、年間保険料はおよそ18万円から23万円(車両保険なし)、42万円から47万円(車両保険あり)です。これらの数値は、運転者の範囲や年間走行距離によって変動するため、正確な料金は見積もりを取得する必要があります。

18歳の自動車保険料の相場一覧【月額or一括】

では、月額と一括での自動車保険料の相場はいくらか?
18歳の自動車保険料の相場一覧をまとめていきます。

月々で支払う場合

18歳の自動車保険料の相場は、車種や補償の範囲、運転者の限定条件などによって異なります。以下は、軽自動車と普通自動車に分けて、月額の保険料相場をいくつかのシナリオで示したものです。

軽自動車の場合
車両保険なし、走行距離5,000km、運転者本人限定:月々約10,200円。
車両保険なし、走行距離7,000km、運転者家族限定:月々約11,300円。
車両保険あり、走行距離5,000km、運転者本人限定:月々約23,400円。
車両保険あり、走行距離7,000km、運転者家族限定:月々約26,000円。

普通自動車の場合

車両保険なし、走行距離7,000km、運転者本人限定:月々約19,800円。
車両保険なし、走行距離5,000km、運転者家族限定:月々約21,200円。
車両保険あり、走行距離7,000km、運転者本人限定:月々約39,400円。
車両保険あり、走行距離5,000km、運転者家族限定:月々約41,900円。

これらの金額は、運転者の限定条件や年間走行距離によって変わります。特に車両保険の有無が保険料に大きな影響を与える点が注目されます。また、補償内容を狭くすることで保険料を削減することも可能です

なお、これらの相場はあくまでも一例であり、保険会社や契約内容によって異なりますので、正確な金額を知るためには、複数の保険会社から見積もりを取得することが重要です。

一括支払いの場合

18歳の自動車保険料の相場について、一括支払いの場合の具体的な金額を以下のようなシナリオに基づいて説明します。

軽自動車の場合
車両保険なし、走行距離5,000km、運転者本人限定:年間約120,900円。
車両保険なし、走行距離7,000km、運転者家族限定:年間約134,200円。
車両保険あり、走行距離5,000km、運転者本人限定:年間約279,100円。
車両保険あり、走行距離7,000km、運転者家族限定:年間約309,900円。

普通自動車の場合

車両保険なし、走行距離7,000km、運転者本人限定:年間約237,300円。
車両保険なし、走行距離5,000km、運転者家族限定:年間約252,100円。
車両保険あり、走行距離7,000km、運転者本人限定:年間約471,400円。
車両保険あり、走行距離5,000km、運転者家族限定:年間約501,000円。

これらの数字は、車両の種類や運転者の範囲、年間走行距離によって変わります。特に、車両保険の有無は保険料に大きな影響を与えます。補償内容を狭くすることで、保険料を削減することも可能です。

これらの相場は一般的なケースを基にしており、実際の金額は保険会社や契約内容によって異なります。正確な金額を知るためには、複数の保険会社から見積もりを取得することが重要です。

18歳での自動車保険の相場が高い理由とは

ここまで、知恵袋でも話題の18歳での自動車保険の相場について解説してきました。

結論、18歳の自動車保険は高いです。
ではなぜ、他と比べても18歳の自動車保険は高いのか?

具体的な18歳での自動車保険の相場が高い理由について詳しく解説します。

【理由1】経験不足によるリスクが高いから

まず1つ目に挙げられる理由として「経験不足によるリスクが高いから」

18歳での自動車保険の相場が高い主な理由は、若年運転者の事故率の高さにあります。具体的に、16歳から19歳の運転者の免許保有者10万人当たりの事故件数は1,039.2件と非常に高く、20歳から24歳の層でも597.2件となっています(出典:警察庁「令和4年中の交通事故の発生状況」)。これは、85歳以上の498.4件を大きく上回っています。若年層の事故率の高さは、経験の不足や判断力の未熟さに起因することが多く、これが保険料に反映されます。その結果、18歳の運転者に対する自動車保険料は、他の年齢層に比べて高額に設定されることが多いのです。

【理由2】18歳では保険等級が低いから

次に2つ目の理由として「18歳では保険等級が低いから」

18歳の自動車保険料が高い主な理由の一つは、保険等級が低いためです。自動車保険の等級制度では、運転経験や無事故歴に基づいて保険料が決定されます。通常、運転経験が長く無事故の記録があるドライバーは高い等級を獲得し、結果として低い保険料で契約できます。しかし、18歳のドライバーは運転経験が短く、ほとんど等級が積み上がっていないため、基本的には最低等級からスタートすることになります。この最低等級はリスクが高いと見なされ、それに応じて保険料が高く設定される傾向にあります。つまり、18歳のドライバーは保険料が高くなる傾向にあるのです。

【理由3】リスクプロファイルで高リスクと評価されるから

そして3つ目の理由が「リスクプロファイルで高リスクと評価されるから」

18歳での自動車保険が高い理由の一つとして、リスクプロファイルで高リスクと評価されることが挙げられます。保険会社は、運転者の年齢、運転歴、事故歴など様々な要素を考慮してリスクを評価し、保険料を決定します。18歳のドライバーは、運転経験が少なく、事故発生の可能性が高いと見なされる傾向にあります。例えば、若年ドライバーは判断力や危険予測能力が未熟なことから、交通事故を起こすリスクが高いと評価されます。このため、保険会社は高いリスクを背負う18歳のドライバーに対して、高額な保険料を設定することが一般的です。

18歳の自動車保険の相場より安くする方法

ではどうすれば、保険料は安くなるのか?

18歳の自動車保険の相場より安くする方法をご紹介します!

【方法1】家族内での保険等級を引き継ぐ

家族内での保険等級を引き継ぐ方法は、18歳のドライバーの自動車保険料を安くする効果的な手段です。通常、保険等級は無事故無違反の運転歴に基づいて上昇し、高等級のドライバーは低い保険料の恩恵を受けることができます。このシステムを利用して、例えば、両親や他の家族が持っている高い等級を18歳の子供に引き継ぐことにより、通常よりも低い保険料で自動車保険に加入することが可能になります。この引き継ぎによって、18歳のドライバーは保険料を節約でき、同時に安全な運転を促すインセンティブも働きます。

【方法2】ダイレクト型保険の利用する

ダイレクト型保険を利用することは、18歳の自動車保険を安くする有効な手段です。ダイレクト型保険は、代理店を介さず、インターネットや電話を通じて直接保険会社と契約する方式です。この方法では、代理店を通す際にかかる中間コストが省かれるため、保険料が割安になる傾向があります。また、ダイレクト型保険では、複数の保険会社からオンラインで簡単に見積もりを取得し、比較することができるため、自分にとって最もコストパフォーマンスの高い保険プランを選ぶことが可能です。このように、ダイレクト型保険を活用することで、18歳のドライバーは保険料の節約を図ることができます。

【方法3】安全装置の搭載車種を選択する

安全装置の搭載車種を選択することは、18歳の自動車保険の相場を安くする効果的な方法です。多くの保険会社は、衝突被害軽減ブレーキ(AEB)などの先進的な安全装置が搭載された車種に対して保険料の割引を提供しています。これらの安全装置は事故のリスクを低減するため、保険会社はこれらの車を運転するドライバーに対してリスクが低いと判断し、それに応じて保険料を下げることがあります。したがって、安全装置が豊富に搭載された車種を選ぶことで、18歳のドライバーは保険料を節約することが可能になります。

【方法4】月額払いより一括払いの方が安い

一括払いを選択することは、18歳の自動車保険を安くする方法の一つです。一般的に、保険会社は一括払いの方が月額払いよりも全体の支払額が少なくなるように設定しています。これは、一括払いが保険会社にとって資金管理の効率化やリスク軽減につながるためです。具体的には、一括払いの場合、保険料の総額が数パーセント割引されることがあります。この割引は、保険期間中にわたる支払額を一度に受け取ることで発生するコスト削減の恩恵を反映しています。そのため、18歳のドライバーは一括払いを選択することで、保険料の節約が可能になります。

【方法5】運転者の範囲を本人限定や家族限定に設定する

運転者の範囲を本人限定や家族限定に設定することは、18歳の自動車保険を安くする効果的な方法です。通常、保険料は運転者の範囲が広がるほど高くなります。これは、運転者の人数が多いほど事故発生のリスクが増加すると見なされるためです。たとえば、運転者範囲を本人限定にすると、他の誰もその車を運転しないという条件になり、その分リスクが減少します。同様に、家族限定に設定すると、家族以外の人が運転するリスクを排除できます。このように運転者の範囲を限定することで、18歳のドライバーは自動車保険料を節約できます。

【必見】18歳の自動車保険選びで迷う人におすすめの探し方

保険料が安くなる方法がわかっても、結局どうやって探せばいいのか?

無数に存在する保険の中から選び、探し出す作業が最も大変ですよね。

でも実は、18歳の自動車保険選びで迷う人におすすめの探し方があります。

それが「プロのファイナンシャルプランナー(FP)」に相談する方法です。

【Q&A】知恵袋でみかける18歳での自動車保険の相場に関するよくある質問

最後に知恵袋でみかける18歳での自動車保険の相場に関するよくある質問をまとめます。

【質問1】18歳の自動車保険で家族限定の相場はいくら?

18歳で自動車保険を家族限定で契約する場合の相場は、様々な要因により変動します。年齢、運転歴、車種、居住地域などが影響するため、具体的な金額を提示するのは難しいです。しかし、一般的には、家族限定のオプションを選択することで、保険料が若干安くなる傾向にあります。実際の保険料を知るためには、複数の保険会社から見積もりを取得し、比較することが推奨されます。

【質問2】損保ジャパンの自動車保険の場合、18歳の相場はいくら?

損保ジャパンでの18歳の自動車保険の相場については、具体的な金額を示すことは難しいです。これは、保険料が車種、使用目的、運転歴、居住地域、契約の補償内容など多くの要因によって異なるからです。一般的に、18歳のドライバーは事故リスクが高いと見なされるため、他の年齢層に比べて保険料は高めに設定される傾向にあります。損保ジャパンの公式ウェブサイトや代理店を通じて、個別の見積もりを取得することで、より正確な保険料の情報を得ることが可能です。

【質問3】あいおいニッセイの自動車保険の場合、18歳の相場はいくら?

あいおいニッセイ同和損保の18歳の自動車保険の相場については、正確な金額を一概に提示することは困難です。保険料は運転する車種、使用目的、運転歴、居住地域、契約の補償内容など多くの要因に基づいて決定されます。18歳のドライバーは一般的に高リスクと見なされるため、相場は他の年齢層よりも高めになる傾向にあります。最も正確な情報を得るためには、あいおいニッセイ同和損保の公式ウェブサイトや代理店で個別の見積もりを取得することをおすすめします。

まとめ:知恵袋でも話題!18歳での自動車保険の相場情報

知恵袋でも話題!18歳での自動車保険の相場情報をまとめてきました。

結論、18歳の自動車保険は高いです。
ではなぜ、他と比べても18歳の自動車保険は高いのか?

改めて、18歳での自動車保険の相場が高い理由をまとめると、

18歳での自動車保険の相場が高い理由

  1. 経験不足によるリスクが高いから
  2. 18歳では保険等級が低いから
  3. リスクプロファイルで高リスクと評価されるから